社長の日記
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
僕には出来ない。
国会議員の決断
みんな否定してる
どんな風に決まるのか
みんなも悩んでると思う
僕は頭が悪いから 
詳しい事はわからない
でも
精一杯の努力なんだと思う
僕には出来ないさ


川原最高
決断の連続。
次女が今日2杯も
珈琲を淹れてくれた

美味しい。愛のある珈琲。

なんで
カフェインが効いて
眠れなくなってしまった。


未来を考えてみる。

コロナショックで
決断のスピードも速くなり
経営者の私は
心が落ち着かない感じ。

そんな時 いーこと が
私に寄って来なくなるので

ポジティブに気持ちを持って行く。

なるべくして
おこるべくして
やってきた
今日。

試されてるんだ。
世界も私達も。

仲間と手を取り合い生きる方ない。


仲間がいるかいないかで
大きく変わる 時期が来た。


宇宙からみりゃ 小さな事だが


40年の歴史しかないおらにわ
まあまあな出来事になって来ると思われる。


迫られる決断。
勝負の決断。

未来の俺は 今日の俺の決断を
正しかったと 喜んでくれるはずだ。

正解などわからない 
私達の人生。

でも正解なんだろうから
決断してくさ。

素晴らしい人生を与えてくれた
マイファミリーに感謝だ。
先義後利
与えられる。
びっくりする!


だから
与える。

びっくりするほどね!
まちびときたるる
川 はい。もしもし。

かわはらさんですか?

川 はい。 ご無沙汰しております。

今年 忙し過ぎて、手が回らなくなります。

川 素晴らしいですね。

所で… うちの仕事してもらえますか?

川 御社の仕事に携わる事は、
私の目標の一つです。

わかりました。会議にて 他社の方から、御社の名前が上がり、お電話致しました。

川 とにかく光栄です。ありがとうございます。

それでは 近々 お伺いさせて頂きます。





私はとても ポジティブです。
私は ラッキーな 人間です。
皆さまの お役に立てる人 になる、努力を続けて行きます。

sama sama。
植林
私は木を植える。

魂のこもった

小さな木を

たくさん植える

そして森になり

風はせせらぎ
空気がすみ
生物が住む
日陰は安らぎをうみ
花が咲く


花が咲くまで
時間がかかる
まるで人生と同じだ。



僕らの ビジョンは 清く正しい。


見えてきた
これのために

これ。

これのために

これ。

だから。

これのために

これ。

そしたら

これなんだね。


だから こうしていくことにしよう。


織田信長は凄く昔の人ですが
今もなを語り継がれる
ジャパニーズスーパーヒーローです。

この世に 一度 生を受け
駆け抜けた 素晴らしい 人生が


そんな生き方に
私は今。

より強く
より新鮮に
感じ

憧れる。



ちがい。
意識のちがい
仕方ない。
人間性のちがい
そりゃそーだ。



あなたとわたし
ちがいます。



一つになりやすいとしたら。

目標が同じ。
これしかないんじゃないかな。

その目標を示す
仕事や生き方を
私は私なりにしなくてはならない。

目標が同じ。
ベクトルが同じ。

そんな仲間達といっぱい挑戦したい。
安定
安定させるとはなんだ?
どの位置が安定なのだ?
安定させるには?

主力メンバーの収入が1000万を超える。
私の収入が1000万を超える。

私の収入が1000万を超えることはきっと容易く難しくない。

10人の主力メンバー全員の収入が1000万を超える位置が 安定としたら

まだまだまだ 安定に到達出来ない。

という事 ならば…

もっともっともっと
行動していかなければならない。

僕達の歩くスピードが 10キロなら
100キロまで 90キロ足りないのだ。

安定を求める その安定の 基準が
高いか 低いか 濃いか 薄いか
だ。



お金で 表現し いやらしいが 事実だ。

500万の安定が安定なら
そんなの嫌だな。

僕個人5000万くらいは 日々 標準的に活動している。
あくまで自己評価だ。

皆1500万位の仕事だと 考えたとしても
全然到達できていない。

悔しくて仕方がない。
ごめんよみんな。

俺のせいだよ。


日々。そう感じている。

単価を上げていく。
集客していく。
支持されていく。
輝いていく。
………。
成長していく。


だから そこを 考えていくと…
僕レベルの能力だと
今この歩みが
僕レベルの 能力の
最大限に近い活動と なる。


自分の人生は儚く短い。
とすれば
何が大切なのだ?
何を良しとするのだ?

家族との時間。
私事時間。
仕事時間。


深いな。
なんか もどかしくて 悔しい。

よーわさ。

俺の能力が低いんだよ。

もっとみんなのためにやれよ。
みんなお前の 語る夢に 乗っかってんだぞ。
お前がそんなんでどーすんだよ。


なー 川原。
はつ?
板金業界初の快挙になるだろう。

たぶんね!笑笑


それだけ 真剣に 走ってる。
そんな風に いつからか 自分達の事を 自負できる 少しの自信が 付いてきた。
まだまだ上には上が居る。
そんなひろ〜〜い世界を 考え思うと、ワクワクする。

法人 創業9年目。
このペースで行ったら 北海道1はもちろん 日本1にすら なれない。

目指す頂きは 山のテッペン。
歩みを怠らず、毎日過信せず、もっと素直に 夢と希望に溢れた 人生を生きて 楽しむ。

僕達は?さ!

今日もいい日だった。

ありがとうございます。
なる
次やる事は

世の為
人の為
会社の為
自分の為

素晴らしいビジネスになる。


4方良しだ!!